胸・腹筋の筋肉増強トレーニングの方法

胸の筋肉増強トレーニングは、まず腕立て伏せから始めてみましょう。腕のトレーニングと違って腕は肩幅よりも広く開いて行うと、大胸筋が鍛えられます。

 

床に胸がつく寸前まで腕を曲げて上体を下ろし、ゆっくり戻すのがポイントです。

 

更に、腕立て伏せのスタイルで膝を曲げて膝から下を浮かせ、腕の曲げ伸ばしを行う膝立ても続いて行いましょう。

 

また、肘を曲げた状態で顔の前で手と手を合わせる合掌のポーズをし、肘を左右に動かすサイドチェストムーブメントもやってみましょう。

 

両手で押し合い力を緩めないようにして、腕を左右にずらし、背筋は伸ばしたままにしましょう。トレーニングは各10回から15回を、1日に2セット程度行うようにしましょう。

 

腹筋の筋肉増強トレーニング方法

 

腹筋の筋肉増強トレーニングは、様々な方法があります。まず、床に仰向けに寝て両足を上下させ下腹部の筋力をつけるレッグレイズから始めましょう。

 

勢いをつけずにゆっくり動作し、下ろす際は床につく寸前で止めましょう。

 

次に、仰向けの状態で両足をまっすぐ上に上げ、そこから腰をねじって両足を左右の方向へ交互に動かすリバーストランクツイストをやってみましょう。

 

主に横っ腹の筋肉を鍛えるのに効果的ですが、背中や肩が上に上がらないように注意しながら、腰を使って動作しましょう。

 

また、同じく仰向けの状態で膝を曲げて両腕を伸ばし上体を曲げるネガティブカールダウンは、腹部の深い場所の筋力アップに効果的です。

 

背中を丸める時も戻す時もゆっくりと、腹筋を意識して行いましょう。腹筋トレーニングも15回程度を1日2セットはできるようにしましょう。