筋肉増強剤の効果

筋肉増強剤はタンパク質の合成を通常よりもスピードアップさせ、短時間で効率よく筋肉を増やし、ムキムキに体にするという効果があり、男性ホルモンと似た作用と言われています。

 

通常、タンパク質や糖質などの栄養分を補いながら筋肉に負荷をかける運動を行うことで、筋肉は少しづつ作られていきます。

 

しかし、本来であれば副腎という臓器で筋肉生成を司るステロイドホルモンが脳からの指令で分泌されますが、脳の指令なしで筋肉増強剤であるステロイドホルモンを体内に入れることで、スピーディーに筋肉ができていきます。

 

運動をしなくても食事に気をつけなくても、簡単に筋肉ができてしまうので効果が大きいと言えますが、筋肉増強剤は効果が持続しないので、飲む続けないと筋肉を維持することができません。

 

筋肉増強剤の副作用

 

また、筋肉増強剤には怖い副作用があることも知っておく必要があります。

 

体に本来あるべきホルモン量を超えて、人為的にホルモンを体内に取り込むことになるので、ホルモンバランスが乱れてしまいます。

 

その結果、男性の場合は男性ホルモン量が人工的に増えて、体が自分で男性ホルモンを作らなくなります。

 

そして精子の減少や性的不能、乳房が大きくなるなど女性化するなどの副作用が起こりやすくなります。

 

逆に女性は、男性ホルモンが増えていくのでヒゲが濃くなる、生理がこなくなる、声が低くなるなど体が男性化するという副作用が見られます。

 

またホルモンバランスが崩れると、心が不安定になるので怒りやすくなったかと思ったら急に悲しくなる、攻撃的になるといった精神面での副作用も起こりえます。