筋肉痛を早く治す方法

筋肉痛の原因は色々考えられますが、筋肉を激しく動かした際に乳酸という物質が蓄積し、筋肉が固まるから痛みが生じるという説が有名です

 

他にも、筋肉運動で筋が小さく裂けて傷み、修復する際に筋肉が縮むからという説もあります。筋肉痛をより早く治すには、硬くなった筋肉をほぐして過剰な乳酸を排出することが大切です。

 

そのためには、軽くストレッチしたりウォーキングするなど体の負担のない範囲内で、筋肉を今以上に疲労させない程度の運動をすると、血流スムーズになって乳酸も出しやすくなります。

 

更に、お風呂で冷水と温水を交互にかけると血管が広がりやすくなって、血流がよくなるので良い方法だと言われています。

 

運動直後は全身の血流がスムーズで筋肉痛の部分は血液量が少なくなるので、できれば30分は休憩してからにしましょう。

 

また乳酸を分解して排出させる作用のある黒酢を飲むものおすすめです。黒酢は、代謝アップや血流をよくする、冷え性の解消など様々な効果があります。

 

特別なことをしなくても、普段の生活を送り、休息だけはしっかりとると筋肉の回復は数段早くなります。

 

睡眠は成長ホルモンの分泌を促し、筋肉を修復させるので夜更かししづぎないで、早めに寝るようにしましょう。

 

痛みが引かない場合は、鎮痛剤を服用したり、シップを貼っておくのも効果的です。他にも筋肉回復に効果的なタンパク質やビタミンB群、クエン酸などを積極的に摂取することおすすめします。